グループウェア無料のテクノロジー

グループウェアはテクノロジーの最先端ですが、シンプルな構造になっておりとても使いやすくなっています。

クラウド上に自分のスペースを設置することができるのでTODOリストやスケジュールを入力しておくだけで他の人からもチェックすることができ、電話連絡をしてアポを取る前に予定が入っているかどうか確認したり、空いている日を探して約束を取り付けることができます。

習いものや講座に利用されているグループウェアであれば、グループウェア上でブログを設定して書き込むことで言い忘れたことや覚えておいてもらいたいことなどを文章化して残しておくことができます。



発表会の予定や出席連絡、出席確認などもメールひとつで連絡することができ、期限を決めて返信してもらうようにすれば一覧で出欠席を確認することができます。

NAVERまとめの情報を知りたい方必見です。

外部のブログやサイトで参考になるものがあれば、情報をアップして紹介することもできますしリンクを貼っておくこともできます。

これらのサービスを無料で利用することができるグループウェアが多く存在しているのがテクノロジーの進化でもあります。



無料は特別なものではなく、多くのグループウェアが導入している普遍的なサービスとなっています。なぜ無料で運営できるのかといえばオープンソースでソフトの構築が可能になったこと、普及させるためにNPO法人などが無料サービスをスタートさせたり、ソフト導入するにあたり一定期間無料サービスなどを行ったことなどが理由になっています。