グループウェアのメリットと最近の傾向

グループウェアとは企業内のLANを用いて情報の交換や共有やコミュニュケーションの円滑化や効率化をし、グルールや組織内の共同作業をし易くなるためのソフトウェアです。具体的な機能としてはメンバー内や外部との電子メールの送受信機能やメンバー同士の意見交換の場となる電子会議室機能、メンバー全体に広報を行う電子掲示板機能、スケジュールを管理し共有するスケジューラ機能などがあります。



しかしこれらは一般的な機能であってグループウェアの種類によっても機能は様々で、その組み合わせも様々です。

近年で主流となりつつあるのはインターネットインフラの普及に伴って登場したWebブラウザを介して機能を利用するタイプのものです。

NAVERまとめはこちらのサイトで情報公開中です。

またグループウェアのメリットとしては情報やアイデア、ノウハウなどがデータベース化して共有できることから、作業の流れであるワークフローの向上が期待できます。



また企業内で発言の場が社員全員に等しく与えられるため、意見や話し合いの活発化も期待できます。


また従来ではバラバラに管理されていた情報が、一括して管理できることから個人情報などの機密情報のセキュリティ性の向上も期待できます。

グループウェアの製品は様々あり、多くの大企業は代表的で主流の製品を導入している場合が多いです。
より手軽に利用できる中小企業向けの製品も登場してきており、最近ではこうした製品が売り上げを伸ばしてきています。
また無料で利用できるものまであります。