グループウェアとは何か

グループウェア、という言葉はあまり聞き慣れない言葉ですが、企業では採用している企業も多く、注目されている技術です。


グループウェアとは、組織内のコンピュータネットワークを通じて、コンピュータネットワークに接続しているコンピュータ同士で情報の共有等を可能にし、業務の効率化を図る、といったものです。



情報の共有とは、具体的には電子メールなどが一般的に例に挙げられますが、他にもテレビ会議やスケジューリング機能もグループウェアの範疇です。

NAVERまとめ関連情報を紹介しています。

また、従来はソフトウェア方式が主でしたが、インターネットのインフラが整うにしたがいWebブラウザからこれらの機能を利用するタイプのものが主流になってきています。では何が目的でこれらの機能を導入するのか、ということですが、1つはスケジューリングの機能等に見られる社内での情報共有化のためです。

例えば、部屋の空き具合などをネットワークで情報共有すると会議室を使用しようとしたが空きがなかった、という事態を防ぐことができます。


2つ目に知識の共有化ができる、といった点があります。
1つ目の目的に似ていますが、少し観点が違います。


例えば上司から部下への技能の引継ぎ、といったことは個人の裁量に任せられがちです。

ですが、そういったデータを会社にデータとして共有しておくと、急に上司が都合で辞めることになった、といった場合に円滑に引き継ぐことが可能になります。


グループウェアは会社の効率化を図るもので、上手く使うことができれば企業に有益なものとなるのは間違いありません。